昔の自分より今の自分が好きと言えることの大切さ(新里)

私事ですが、今年で40歳になります。人生半分、ちょうど折り返し地点の気持ち。理想は80歳くらいで今回の人生を終えることができたらいいなと思っています。というのは旦那さんが14歳上なので、一緒に死にたいのです。笑)そうすると、彼が94~5歳で私が80歳、うん、ちょうどいい!と思ったり。もちろん、人生何があるか分かりません。天災、人災、病など色々あるので、基本的には「いつ死ぬか分からない」という気持ちで生きています。 そんなわけで、自分的には勝手に今年は折り返し地点なのですが、やっぱ老化は避けられないなーと感じます。35歳くらいから身体の弱体化がどんどん進んで、精神面での負荷が身体の不具合に顕著に現れたり、それに伴って食べられる量や食べられるモノもどんどん変化をしてきて、自分自身の心と体とかなり向き合う4~5年を過ごした気がします。でもおかげで、随分自分を実験台にしながら肌のことも内臓のことも学ぶ機会をいただけたので、私的にはすごく実りがありました。このBlogを見てくださっている方の中には私よりももっと年上の方も沢山いらっしゃるかと思いますので、たかだか40歳くらいで老化なんてまだまだ甘い!と思われるかも知れませんが(笑)。 さて、前置きが長くなってしまいましたが、先日昔の写真フォルダを見ていたら、なかなか酷い昔の私がでてきたので、久しぶりに晒してみようかと思います。2年前に出させて頂いた本にも載せた成人式の時の私もなかなか酷いのですが、その後も変わりなくやばめの新里が何年も続いています。比較写真にして載せますのでやばさをお楽しみください。



成人式の顔パンパン、眉毛の角度にもご注目。なかなかですね!(でもこの当時、こんな風貌なのにイケメンな彼氏がおりましたw)そして27歳は上京して2年目です。やぼさ加減と眉毛の角度は相変わらず。7年も経っているのに成長してない感じがやや悲しい。 その後、メイクを学び、何処にも所属せずフリーランスという立場に身を置きながら生きていくことになるのですが、風貌はややかわりつつもなんだか化粧濃いめのコンプレックスの塊感が抜けない時代が続きます↓

↑29歳頃のパスポート!変な付けまつげついてる…



↑34歳/U時工事さんとwなんかもう自分がコワイ

自分で言うのもなんですが、とりあえず全体的に化粧濃くてなんか執着が抜けていない。髪型は色々変わっているけれど、やっぱりどこかやぼったくて性格悪そう。いまも金髪だけど34歳の金髪がなかなかセンスない感じで残念です。笑) そういえばこの頃はかなり生き方に悩んで葛藤してた頃で、この3ヶ月後くらいに長く関わっていた環境から離れて、また一からのスタートを切りました。とにかく全てが嫌になって、ここからもっとやりたいようにするには抜け出すしかない!と、仕事ぜーんぶ手放しました。自分で言うのもなんですが、フリーランスのくせに全部手放すってなかなかの決断です。7年かけて築いてきたものだったので、流石に半年以上悩みました。

その後代官山に自分のアトリエを構えて、weddingやメイクレッスンを中心に、とにかくやりたかったことを自分でバランスをとりながら出来るようになって、そしたらまたどんどん色んなご縁が広がって、手放した倍以上のお仕事に恵まれてあっという間に5年間も経っていました。 ちなみに、34歳金髪(U字工事さんとの写真)の半年後、色々手放した直後の私がこちら↓


ちょっとすっきりしてる気がします。 そして髪を伸ばし始めました。なんせ女子力的なモノがなかなか低いので、改めて“女らしくなってみたい!”という目標の下、4年半伸ばし続けました。この頃から“なりたいイメージを持つ”ということが少しずつ出来るようになってきた気がします。


↑35歳秋頃



↑38歳

さすがにスマホユーザーになってからは大量に写真が残っていました。笑)自分の簡素な顔にすこしでもしゃれっ気をと思い、伊達眼鏡がなかなか手放せなかったです。笑) 生きるって、「自分を完成させていくこと」だと思っていて、今の自分に足りないこと、至らないことをしっかり見つめながら磨いて成長していくからこそ、生きれば生きるほど人生が楽しめるようになっていくのだと思います。もちろん、いつでもその時その時は一生懸命に生きてきたつもりだけれど、昔の自分を思い返すと恥ずかしいと思う事がいっぱい。でも逆を言えば、そう思えるということは、その頃より少しは成長できているのかなとも思ったり。 はい、そして5年前と今の比較がこちら↓

伊達眼鏡も手放せた39歳。顔下がって来てますがしょーがない。笑)でもこうして見てきても、肩の力が抜けててラクそうな今の自分がやっぱり一番好きかな。老化はします。それは自然なことで、肌も内臓も衰える。でもそれ以上に、今の自分が一番好きだと思えるのは、その時その時の“なりたい自分”に近づく為に変化をしていってるからじゃないかなと思います。単純に若さがいいとは全然思わない。…いや、若さゆえの回復力だけは羨ましいとは思います。笑)でも、自分と向き合いながら生きていると、きっと10年前より今の自分が好きになれるはずだし、そう思えるような生き方をしていきたいと私は思うのです。 そ